コーチ紹介

TONDEN.RCのコーチ陣を紹介します!


代表: 古田 仁 【HITOSHI FURUTA】

img_4535

理学療法士
SAMデイサービス&パーソナルフィットネス施設長

札幌市出身。
92年~94年10月迄 丸井今井陸上部在籍。
93年5000m,10000m日本選手権出場(5000m12位)
94年東日本実業団選手権10000m7位
94年3月にハーフマラソン 1時間03分29秒(当時の北海道記録)
94年7月ゴールドコーストハーフマラソン東日本実業団代表
94年11月に実業団チーム三英社に移籍。
95年5月東日本選手権5000m 6位
96年3月びわ湖毎日マラソンで2時間18分11秒をマーク。
2000年に三英社を退社後「千歳リハビリ学院」に入学。ブランクを経て「理学療法士」として再出発。

ベストタイム
1500m 3分52秒 91年 全日本インカレ
5000m 14分12秒 96年 東日本実業団選手権
10000m 29分28秒 94年 東日本実業団選手権
10マイル 48分17秒 94年 唐津10マイルロードレース※現北海道記録
ハーフマラソン 1時間03分29秒 94年 全日本実業団ハーフマラソン
30km 1時間35分43秒 95年 熊日30kロード※現札幌記録
マラソン 2時間18分11秒 96年 びわ湖毎日マラソン

トレーナー活動
札幌静修高校女子駅伝部 トレーナー

好きなもの じゃがいも 安室奈美恵


コーチ 石井 憲 KEN ISHI

ken

長距離育成コーチ
JAAF公認ジュニアコーチ(日本体育協会公認指導員)
1990年福岡国体に少年A3000SC北海道代表として出場。

大学では出雲駅伝へ北海道学連選抜として出場
社会人になり再び市民ランナーとして走り始め、近年では2013年洞爺湖マラソン総合5位(道内選手1位)になるなど、
自身の競技力向上に力を注ぐ一方、TONDEN.RCの長距離育成担当として、自身の背中を見せながら、子供達の指導にあたっている。
自身は、常に指導者として子供達に接しているが、子供達からは「イシケン」と呼ばれ、友達と思われている(笑)


コーチ 飯田 貴裕 TAKAHIRO IIDA

iida

短距離育成コーチ
健康運動実践指導者
SAMデイサービス&パーソナルフィットネス トレーナー

中学・高校と全国中学、全国高校選手権に100mで出場、北海道東海大学では、400mリレーにおいて日本陸上競技選手権で入賞を果たす。
現在は、古田代表と共にSAMで働きながら、子供から高齢者までの健康作りに励む一方、TONDEN.RCでは、短距離選手の強化に取り組む。
いつも笑顔で接する人柄が好評で、子ども・お母さんと達共に、一番人気になるのでは?と古田代表はやきもきしている。


アドバイザー 阿部 雅司 MASASHI ABE

2016-05-11-2

北海道留萌郡小平町出身。
中学校からノルディック複合競技を始め、東海大四高校に進学後に東京美装興業(株)に就職する。
3度のオリンピックに出場(88年カルガリー、92年アルベールビル、94年リレハメル)という素晴らしい実績を持ち、
中でも1994年のリレハメル大会ではノルディック複合団体金メダルを獲得!!世界にその名を轟かせた。
1995年、札幌でのワールドカップで現役を引退。現在は全日本のコーチとして海外を転戦している。
現役引退後2001年からマラソンを始め、2004年には2時間43分台をマーク。
またサロマ湖100Kマラソンには毎年挑戦しており2007年には7時間52分57秒でゴールし一般の部5位に入賞した。
今後もノルディック複合競技の全日本コーチをしながらマラソンを続けている。

現在は、獲得した金メダルを一人でも多くの人に見てもらえるよう、どこにでも金メダルを持って出かけ、気軽に貸し出して記念写真に応じている。

その為、せっかくの金メダルも黒メダルになりつつある。しかし、本人はいたって気にしていない