コーチ紹介

 

〇代表 古田 仁 (フルタ ヒトシ)

img_4535

理学療法士

札幌市出身。
92年~94年10月迄 丸井今井陸上部在籍。
93年5000m,10000m日本選手権出場(5000m12位)
94年東日本実業団選手権10000m7位
94年3月にハーフマラソン 1時間03分29秒(当時の北海道記録)
94年7月ゴールドコーストハーフマラソン東日本実業団代表
94年11月に実業団チーム三英社に移籍。
95年5月東日本選手権5000m 6位
96年3月びわ湖毎日マラソンで2時間18分11秒をマーク。
2000年に三英社を退社後「千歳リハビリ学院」に入学。ブランクを経て「理学療法士」として再出発。

ベストタイム
1500m 3分52秒 91年 全日本インカレ
5000m 14分12秒 96年 東日本実業団選手権
10000m 29分28秒 94年 東日本実業団選手権
10マイル 48分17秒 94年 唐津10マイルロードレース※現札幌記録
ハーフマラソン 1時間03分29秒 94年 全日本実業団ハーフマラソン
30km 1時間35分43秒 95年 熊日30kロード※現札幌記録
マラソン 2時間18分11秒 96年 びわ湖毎日マラソン

トレーナー活動
札幌静修高校女子駅伝部 トレーナー

好きなもの じゃがいも 安室奈美恵

 

〇アドバイザー 阿部雅司 (あべ まさし)

2016-05-11-2

北海道留萌郡小平町出身。
中学校からノルディック複合競技を始め、東海大四高校に進学後に東京美装興業(株)に就職する。
3度のオリンピックに出場(88年カルガリー、92年アルベールビル、94年リレハメル)という素晴らしい実績を持ち、
中でも1994年のリレハメル大会ではノルディック複合団体金メダルを獲得!!世界にその名を轟かせた。
1995年、札幌でのワールドカップで現役を引退。現在は全日本のコーチとして海外を転戦している。
現役引退後2001年からマラソンを始め、2004年には2時間43分台をマーク。
またサロマ湖100Kマラソンには毎年挑戦しており2007年には7時間52分57秒でゴールし一般の部5位に入賞した。
今後もノルディック複合競技の全日本コーチをしながらマラソンを続けている。

現在は、獲得した金メダルを一人でも多くの人に見てもらえるよう、どこにでも金メダルを持って出かけ、気軽に貸し出して記念写真に応じている。

その為、せっかくの金メダルも黒メダルになりつつある。しかし、本人はいたって気にしていない

〇長距離コーチ 黒田 遥登 (くろだ はると)

北海道恵庭市出身

中学校から陸上を始め、北海道長距離の強豪山の手高校男子駅伝部に進学、その後、札幌国際大学にて1500m北海道インカレ準優勝、北海道大学駅伝1区区間賞を獲得。出雲駅伝北海道代表メンバーに選出。大学卒業後に6か月間のブランクを経て、TONDEN.RC長距離コーチとして再出発。若干お腹が出て来たが、徐々に少し絞れて、中学生にも負けないようになって来ている。そして、とんでん大人クラブTONDEN.ACのメンバーとして活躍!!予定、、、

ベストタイム

1500m 3分53秒

5000m 14秒35秒

 

〇短距離コーチ 佐藤 貴紘(さとう たかひろ)

滝川市出身

元北海学園大学陸上部主将

娘二人がTONDEN.RCに入会した事をきっかけに短距離コーチに就任。

短距離コーチ就任のきっかけは古田代表の大学の後輩という事で、

パワー的なハラスメント的な事があったとか、あったとか、、、

ただ、短距離コーチ就任をきっかけに自信も走り始め、とんでん大人クラブTONDEN.ACとして好記録連発中!!

ベストタイム

100m 11秒10